これだけ覚えておけば失敗しないAmazonギフト券買取の基礎知識

Amazonギフト券を買い取って欲しい人はどんな人でしょうか?
それはAmazonギフト券を持っているけど使わない人です。使わないのにそのまま持っていても無駄ですよね?
使わないからこそさっさと売りたいと思う人が多くなっているので買取サービスが流行しています。
そこでこれだけ覚えておけば失敗しないAmazon買取の基礎知識をまとめた情報を紹介します。

Amazonギフト券の買い取りをしてもらう場合の相場は80パーセントから90パーセントです。この10パーセントの差はどこにあるのかわかって埋めることができれば、高く買い取ってもらえるはずですね。
アマゾンギフト券の買い取りをしてもらう場合の相場は80パーセントから90パーセントです。この10パーセントの差はどこにあるのでしょうか。それを埋めることができれば、できるだけ高く買い取ってもらえるはずです。例えば金額が多ければ買い取り率が高くなるという具合です。今回は【これだけ覚えておけば失敗しないAmazonギフト券買取の基礎知識】について掘り起こしてみましょう。

手数料の有無をチェックしておくこと

アマゾンギフト券買い取り専門サイトの場合にも手数料が必要なサイトもあります。インターネット買い取りをしていますから、買い取りした金額を銀行振込をしなければなりません。この振込手数料を利用者負担になることもあります。手数料負担があれば高い買い取り率であっても最終的に取り分が少なくなり、良く考えたら低い買い取り率になってることがあります。振込手数料を負担してくれる業者を選びましょう。

額面は1万円以上が有利

業者はできるだけ高額のギフト券が欲しいので、1万円未満の買い取り率は大きく下がることが多いです。1万円未満ならば最高でも85パーセントでしょう。もしも1万円未満のギフト券を買い取って欲しいならば80パーセント以上ならば高額買い取りと判断して良いと思います。券面が1万円以内でも複数持っているならばまとめるようにしましょう。合計が1万円をオーバーするようになれば買い取り率はアップします。

買い取りの相場は80パーセントから90パーセントと考えるべし

この相場を頭に入れておくことが基本になります。相場を知らないと「低い買い取り率だな」と思うかもしれません。しかし、これが現実ですから、高額買い取りは85パーセント以上と考えましょう。これを目指すならば金券ショップではありえません。店舗の場合は、家賃や人件費などさまざまなコストがかかっていますから買い取り率は低くなります。

ですからAmazonギフト券を買い取ってもらうならば専門業者を使うことが正解です。低い買い取り率でいいのならば我慢すればいいですが、85パーセント以上を狙うならば店舗型の金券ショップは利用しないことです。この買い取り率ならばクレジットカード現金化サービスを使うよりもメリットが多いでしょう。