買取率が圧倒的に高いアマゾンギフトカード

買取率が圧倒的に高いアマゾンギフトカードについてご紹介するサイトです。不要なAmazonギフト券がある場合は換金したいですが、いくらで買い取ってくれるかは大事。リアルタイムで全国の相場がでておりiTunesカードやGoogle Playと比べても換金率が高いのがAmazonカードです。

不要なAmazonギフト券がある場合は換金したいと思うでしょう。そのときに大切な要因は、いくらで買い取ってくれるかどうかです。人気のギフト券ですから、リアルタイムで全国の相場がでています。これらはプラチナとか金の相場に似ています。iTunesカードやGoogle Playと比べても換金率が高いのがAmazonカードです。今回は【買取率が圧倒的に高いアマゾンギフトカード】についてご紹介します。

アマゾンギフト券の平均的な換金率相場

一般的に言われている平均換金率は86パーセントです。最低は78パーセント程度で最高は94パーセント程度です。例えば10万円のアマゾンギフトカードを換金した場合、上は94000円で下は78000円になり、その差額はなんと16000円になります。とっても大きい金額になるのがわかるでしょう。

どうして、これほどの差がでるのでしょうか?それはアマゾンギフト券に設定されている有効期限に秘密があります。買い取りをする業者は多くの在庫を抱えることができません。払い戻しができませんから、有効期限を過ぎてしまうと価値がなくなってしまうリスクがあるのです。だから、一定の在庫を抱えてしまうと換金率を下げて買い入れするのを抑えてコントロールするわけです。在庫が不足しているときは換金率が高く、在庫が多い場合は換金率が低くなると考えるといいでしょう。

iTunesカードの買い取り相場

iTunesカードもiPhoneユーザーを中心にして人気が高いギフトで主に音楽やアプリの購入に使われます。最近はスマートフォンゲームの課金とか無料通話アプリLINEのスタンプ購入に使われたりします。換金率の相場ですが額面額の70パーセントから75パーセントが相場となっています。

Google Playの買い取り相場

Google PlayカードはAndroidユーザーのニーズが高いギフト券で、特定のネットショッピングでも利用できますのでスマートフォンゲームの購入や課金だけではなく利用できます。大人から子供まで幅広く需要がありますが、それでも換金率はiTunesカードと同じレベルで70パーセントから75パーセントとなっています。

このように比べてみるとAmazonギフト券の買い取り水準の高さが際立っていることがわかります。

関連記事:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です