24時間営業しているアマゾンギフト券買い取り業者の実態

24時間営業しているアマゾンギフト券買い取り業者の実態についてご紹介するサイトです。インターネットで運営されているECサイトには24時間営業と記載されている場合がありますが、実際には「申し込み」ができるだけの場合が多く、実際の取引が行われるのは翌営業日の開店時間になることがほとんど。

インターネットで運営されているECサイトには24時間営業と記載されている場合がありますが、実際には「申し込み」ができるだけの場合が多いです。実際の取引が行われるのは翌営業日の開店時間になることが多いです。この記事では【24時間営業しているアマゾンギフト券買い取り業者の実態】について詳しく解説します。

アマゾンギフト券そのものは24時間の購入が可能

カードタイプやギフト券のタイプになりますと紙ベースになります。最短でも郵送されてくるのは翌日か翌々日になります。しかし、Eメールタイプのギフト券ならば自動送信されますから、受領も24時間可能です。こういった特徴を利用して夜間や早朝に現金が必要になった場合のクレジット現金化としても活用されることがあります。

本当に24時間営業なの?

Amazonギフト券買取業者は古物商許可を取得して営業しており、一般的に開店する時間は8時から10時の間・閉店は18時から22時の間です。深夜の時間帯にリアルに動いている業者は少ないです。もしも、即現金が欲しくて24時間営業の記載があるならば、実際に電話をして契約する方法をとってみましょう。大抵は留守番電話サービスになると思います。

夜間の買い取りの場合は換金率が下がる

夜間の買取率は深夜料金という名目で3パーセント程度下がる傾向にあります。10万円を換金する場合に3000円ほど違ってきます。よほど急ぐ場合でなければ深夜帯に申し込まないほうがいいでしょう。深夜帯は昼間と比較して利用者が少ないです。にもかかわらず営業しているのはオフィスの光熱費や人件費がかかります。赤字になる可能性が高いのでリスクがあります。換金率を高くすることはできません。またトラブルに発展しやすいこともあるので慎重に業者を選ぶようにしましょう。

すぐに入金してもらうには

普通の銀行では15時に窓口業務が終わります。15時以降の送金は翌日になってしまいますが、特定のインターネット銀行の場合は15時以降でも即、着金することが可能になります。取引が完了したら、すぐに現金を引きだせるのでメリットがあります。この場合でも自分が持っている銀行口座と業者が対応する銀行口座が一致しなければなりません。条件がありますので確認をしておくといいでしょう。